バイク売る時に用意するものをあなたに伝授

バイク売る際には様々なルールがある~コツを掴んでおくべし~

The estimate

気軽に売れない

バイクを売却するのには手順があるので、まずは専門家に電話をして詳しく聞いておくといいでしょう。そうすれば、スタッフがどこで書類を収集すればいいかなどを丁寧に教えてくれるので安心できます。不明点はどんどん質問するべきです。

バイク売る時に用意するものをあなたに伝授

バイク

バイクによって書類が異なる

バイク売るということになったのであれば、先ず書類をいくらか準備しなければならないので、前もって揃えておくといいでしょう。そして、バイクによって書類に変動があるので、そちらも覚えておくべきです。例えば、125㏄以下のバイクであれば、標識交付説明書、自賠責保険証を持っておくといいでしょう。また、126㏄から250㏄の場合は、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返納済確認書、軽自動車届出済証返納証明書が必須になっています。最後に、251㏄であれば、自動車検査証、自動車検査証返納証明が必要不可欠になってくるので、きちんと提出するようにするといいでしょう。いずれにしても、印鑑と免許証などの身分証明書をプラスしなければならないので、メモをしておくと忘れることがありません。

未成年の場合は以下のものが要る

日本では原付などの大型以外のバイクであれば16歳から免許を習得し公道で走行させることが可能になっているので、バイク売ることもできると思いがちですが、そういった時は親の同意がなければ売ることができないので、事前によく話し合いをしておくといいでしょう。未成年がバイクを売るためには、買取業者が提示した書類に本人と保護者がサインをしなければなりません。そして、お店にもよりますが、保護者が同行していない場合は売買を拒否されることもあるので、勝手に話を進めるのは止めましょう。しかし、親が仕事などで忙しくどうしても一緒に手続きをすることができないのであれば、電話確認をした後に、学生の身分証明書を見せなければならないので、学生証や保険証などを持っておくといいかもしれません。

委託する

家族や気の知れた友達にバイク売るのを頼まれてしまった場合は、委任状、名義人の身分証明書を提出しなければなりません。しかし、コピーでも可能になっているので、暇が合う時にコピーを受け取っておくといいでしょう。また、委任状はバイクショップでもらうかインターネットからダウンロードして印刷するという手段があるので、実際に取引が始まる前に調達しておくのが賢明です。そして、こういった場合でもバイクの専門店から電話で持ち主に電話をかけて確認するという作業があります。そこで本人確認がきちんと取れている場合は取引を続行することができます。

サービス

今までの方法でバイク売る場合は、トラックの荷台にバイクを乗せるなどして自分で運ばなくてはいけませんでした。しかし、最近では出張サービスという便利なサービスが登場しているので、そちらを利用してみるといいでしょう。この方法は、自宅や会社に関わらず指定した場所まで専門店のスタッフが来てくれます。そして、レッカー車で売るバイクを持って帰ってくれるというものになっています。ですので、スタッフが到着したら上記に掲載されている必要な書類をいつでも渡せるようにしておくいといいでしょう。そして、OKがでると取引が完了になります。その後はスタッフがバイクを持って帰ってくれるので、依頼主は何もしなくても良く、忙しい現代人には打ってつけのサービスとなっています。また、その場で現金を受け取ることができるのが一番のメリットと言えるでしょう。そして、出張サービスや書類の代行などを無料でしてくれるのも魅力的ですので、眠っているままのバイクがあるのなら、依頼するのが得策です。